バラの庭園を作る

薔薇

バラには他の植物と違う特徴があります。本来、植物は多くの種を残すために花をいくつか咲かせるのですが、バラは一輪しか咲かせません。こういたことからバラには一途といった意味を持ち、プロポーズの際にも使用されるほどすてきな花になっているのです。また、バラの茎の部分には棘がありその分害虫がつきにくいという性質も持ち合わせています。バラの花は大きく一輪で咲き、またその花の色も様々で独特の色合いをしていることも魅力のひとつと考えられるのですが、この花を使って庭園を作ってみたいと考える方も少なくないでしょう。もしその庭園がうまくいけば様々な色合いと独特な雰囲気を持つ壮大な庭園として仕上がるはずです。さらに使っている花がバラだけという統一感あり、達成感としても大きなものになるでしょう。
庭園というと一般的に地面から生やすイメージが強いのですが、バラは蔓のようにアーチ上に成長させることも可能なため、いろんな方法でレイアウトすることができます。何本かのバイプをアーチにしてそこにバラを取り組めば、バラのトンネルとして作ることもできます。こうした独特なレイアウトもこの花であれば可能なのです。さらにパイプを使えば、アーチだけでなくカーテン状に作り上げることもできるので作り方次第でどんな形にすることもができるのです。このような性質やいろんな特徴を持ったバラを使って自分だけの特別な庭園を自由に作り上げてみてもいいのではないでしょうか。